脳とアニメーション

新作アニメのニュースをまとめてるブログです

富野由悠季監督「ガンダム Gのレコンギスタ」が10月よりアニメイズム枠にて放送開始決定!

greco623.jpg
秋公開が発表されていた「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」の富野由悠季監督最新作「ガンダム Gのレコンギスタ」が10月よりMBS他、アニメイズム枠にてTV放送開始となることが決定!
カウントダウンされていた公式サイトにて本日情報解禁!
また、8月23日から第1話から第3話をまとめた特別先行版のイベント上映、9月8日(月)からdアニメストアでの特別先行版の先行配信も決定!
ほか、公式サイトでは、キービジュアル、あらすじ、キャラクター&メカ、PV第2弾、スタッフ&キャスト情報などを公開!
キャストは、主人公・ベルリ役を石井マーク、ヒロイン・アイーダ役を嶋村侑などが担当決定!


ガンダム Gのレコンギスタ  
機動戦士ガンダム35周年記念ポータルサイト



■ストーリー
宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉し、しばらくの刻が流れた。新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。R.C.1014年。地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、“キャピタル・タワー”。地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすが故に神聖視された場所。そこを守護するキャピタル・ガード候補生のベルリは、初めての実習の最中、謎のモビルスーツ・G-セルフの襲撃を受ける。作業用モビルスーツのレクテンで交戦したベルリはG-セルフの捕獲に成功する。だが、G-セルフと操縦者アイーダ・レイハントンを名乗る宇宙海賊の少女に何かを感じるベルリ。そして、特定条件を満たさなければ起動しないG-セルフがベルリに反応を示す。宇宙海賊とアイーダの目的、G-セルフに選ばれたベルリが辿る運命、その果てに待ち受けるリギルド・センチュリー全体を揺るがす真相とは――。全てはレコンギスタの始まりに過ぎなかったのだ。

■スタッフ
総監督:富野由悠季
キャラクターデザイン:吉田健一
メカニカルデザイン:安田朗、形部一平、山根公利
デザインワークス:コヤマシゲト、西村キヌ、剛田チーズ、内田パブロ、沙倉拓実、倉島亜由美
色彩設計:水田信子
美術:岡田有章
音楽:菅野祐悟
音響監督:木村絵理子
企画・製作:サンライズ
配給:東宝映像事業部

■キャスト
ベルリ・ゼナム:石井マーク
アイーダ・レイハントン:嶋村侑
ノレド・ナグ:寿美菜子
クリム・ニック:逢坂良太
ルイン・リー:佐藤拓也
マニィ・アンバサダ:高垣彩陽
ラライヤ・マンディ:福井裕佳梨

[ 2014/06/23 10:20 ] 新作アニメ情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL